DAINESE FUKUOKA -ダイネーゼ 福岡-Official Web Site

こんにちは、Fukuoka店、Nagahamaです。

 

先日は2017年シーズンのSepangテストが行われましたが、

テストだけの限定カラーヘルメットはきれいなカラーリングですね♪

今シーズンはワークスライダーの移籍も多く、

イアンノーネは日本メーカーSUZUKIのワークスライダーとして期待です!

 

ところで、ロッシのスーツが変わった事にお気付きでは無いでしょうか!?

パッと見では肩のスライダーの形状だけが変わっただけと思われるかもしれませんが、

全くの別物として進化した最新のレーシングスーツです!!

 

MUGELLO R D-AIR

肩のスライダー以外には

ファブリックの伸縮材、

エルボースライダー、

脇腹から腰にかけてのシャーリングの変更などなど、

そして、エアバッグがさらに進化を遂げました!

 

これまではエアバッグが1秒間の内に800回ライダーの動きを感知していましたが、

MUGELLO Rではなんと1000回も感知をして、そのデータを元にして判断をしています!

さらに保護箇所も首、鎖骨、肩から、さらに脇腹も追加されました!

 

ダイネーゼのエアバッグ【D-AIR®】は

ダイネーゼがこれまでに15年以上ものの歳月を掛け研究開発された、ワイヤレス式のエアバッグです。

 

日本ではまだまだバイクにワイヤーでつなぐワイヤー式が一般的で

ワイヤレス式なのでどのようにエアバッグが開くのか?と疑問に思われる方が多いと思います。

 

D-AIRには3つの加速度計測器と3つの姿勢制御装置、そしてGPSを搭載しており、

これらのセンサー類からライダーを動きを検知します。

検知した動きを元にエアバッグを開く必要がありますが、

必要な時にだけという事は非常に難しく、複雑でスピードが必要です。

そのエアバッグが必要な状況を適切にスピーディーに判断する、

アルゴリズムデータがD-AIRの特許となっています!

 

このデータの採取がとてつもなく時間が掛かり、構築が非常に難しいのです。

エアバッグ自体の衝撃吸収能力も非常にすごく、

ダイネーゼの通常のハードタイプの衝撃吸収能力が20KNですが、

D-AIRの場合はなんと2KN! 90%も高くなっています!!

※ 衝撃吸収能力とは、体にどれだけ衝撃が伝わるかというもので、

数値で小さければ小さいほど体への衝撃が小さい事になります。

 

このD-AIRは35個もの特許技術のもとで作られており、

厳しいTÜV SÜD認証を得た、唯一のバイク用のエアバッグです。

 

第3者機関の安全認証を得る事が、

全てのデータ・性能は、単なる仮説や推測ではなく、

厳格に計測・証明されたものであることを意味しているのです。

ダイネーゼは現状に満足せずに、常に研究開発をしています!!

ご案内をさせて頂くために、覚える事が多すぎて大変ですが…。

 

以前GPを見る時はマシンやヘルメットがメインでした。

今はウェアを中心で見るようになり、色々と楽しみが増えています♪

 

今後は福岡店店頭でもなにかとご案内が出来るかと思いますので、

気のなる方はお気軽にお問い合わせ下さい!!

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

住所:福岡県福岡市博多区東光2-17-23

電話:092-292-1790

http://www.d-storefukuoka.com/